「遊び」と「学び」の融合

LEGO®SERIOUS PLAY® -レゴ®シリアスプレイ®-

テーマ:対話、コミュニティ、コミュニケーション

レゴ®シリアスプレイ®(LSP)とは、元デンマーク・レゴ社の教育事業部門開発責任者、ロバート・ラスムセン氏が2001年に開発した、レゴ・ブロックを活用し、右脳(感性)を活性化させ、組織、チーム、個人のための思考、コミュニケーション、問題解決のためのファシリテーションテクニックです。

ビジネス、組織開発、心理学および学習など広範な研究成果と「手による知識 (hand knowledge)」の概念に基づいて開発されたものです。

 


 レゴ®シリアスプレイ®のポイント

シリアスプレイは、遊びと学びの融合の中に、問題解決のプロセスを巧みにおり交ぜた、「新しい学びの道具」といえます。大人でも子供でも、世代や上下関係を超えて、参加できるのが特徴です。


チームの個々人が、自分の考えを素直に表す、また、他のメンバーから、多角的な視点で自らの考えに啓発を受けるのが最初のステップです。チーム全体が、このプロセスを共有することにより、個々人の考えを、次元の高い、ダイナミックな考えへ統合・昇華することができます。


これまでNASAを初め、戦略コンサルティング会社、シンクタンク、広告代理店、医療機器・製薬メーカー、エンジニアリング会社、商社、大学・大学院等において活用されてきました。


こんな時にレゴ®シリアスプレイ®は効果を発揮します

・参加者全員が話し合いに参加してもらいたい

・チームの理解を向上させたい

・話し合いの時間を効果的、効率的に使いたい

・参加者一人一人に楽しく学びや気づきを起こしていきたい

・建設的な雰囲気のなかで話し合いをしていきたい

・メンバーが、人を脅かすことなく自分たちも恐れることなく自分がどのように感じているかを口に出したいと思っているとき

・話し合いの場で、声が大きい人がその場を占領、支配している

 →さらには誰も攻撃することなくその慣習を打ち破りたい

・グループでの会議は時間の無駄だと考えている場合

・皆がやろう!と思える考えや解決策を見つけていきたい


レゴ®シリアスプレイ®の基本的な進め方

ステップ1

ファシリテーターからお題、テーマを参加者に投げかけます。

 

ステップ2

参加者一人一人がお題に沿った作品を手を使って創ります。

 

ステップ3

どのような作品を創ったか、ストーリーを語り、共有します。

 

ステップ4

作品やストーリを創ったり、聞いたりしながら振り返りを行います。内省しながら新たな気づきやアクションを生み出していきます。

 


事例

特定非営利法人バーンロムサイジャパン様

レゴ®シリアスプレイ®メソッドを活用した

ミッション・ビジョンづくりワークショップ

NPO法人 THOUSAND-PORTの鈴木さんと協働で実施をいたしました。

詳細はこちらから(THOUSAND-PORTさんのホームページにいきます)

レゴブロックを使ったまちづくり

レゴ®シリアスプレイ®の手法を使って

子どもたちで理想のまちをつくるイベントを開催


NPO法人 bond place  

〒400-0048 山梨県甲府市貢川本町7-24-101

ホームページ:https://www.bondplace.org/

E-mail:info@bondplace.org

 

Contact

メモ: * は入力必須項目です