bondplaceとは?


急激な少子高齢化、都心への人口集中、地方の衰退、資源の枯渇、地球環境問題、自然災害、貧困、格差の広がり…

様々な社会課題が複雑に絡み合い、ひとつの分野の専門家だけで解決することは非常に難しくなっています。

いつしか日本は「課題先進国」とも呼ばれるようになってしまいました。

 

 そんな多くの壁を前にしてもなお、私たちはこれからの社会に希望を持っています。

なぜなら、日本のいたるところで「未来は自分たちでつくれる」と信じ、

楽しみながら社会の課題を解決していこうと立ち上がっている人たちがいるからです。

 

行政任せではなく、自らの手で目の前にいる10人を幸せにできる人が1人生まれたら…

 

それが10人、100人、1000人と増えていったら…

 

私たちはそんな希望を持って、

「人と人とがつながり、学びあう場づくり」を実践しています。

 

 


bondplaceのソリューション


 現代の社会は変化が激しく、昨日までの当たり前が当たり前でなくなっている。そんな社会の中で一人ひとりが相手との違いを受け入れ、他者理解と合意形成ができる未来を作るために、人と人とが繋がり学び合う場づくりを行う。学び合いの場づくりによって、相手の新しい考えを受け入れる機会、知識の一方通行でなく分かち合う学びの機会、一つの専門家だけで解決できないような地域・社会課題の解決の機会を作ることを目的としている

 また、少子高齢化が加速する日本では、当然税収も減り、すべての課題を公共サービスで担うことは難しい。そこで今は潜在化しているが、日々の暮らしの中で問題意識を持つ子ども・若者・女性・NPOなどのソーシャルイノベーターを生み出し、地域金融機関や産業支援機関・中間支援組織と連携しながら、持続可能な事業に育てる生態系を再デザインする。

事業内容:

1:対話を通した場作り事業

OST(オープンスペーステクノロジー)/ワールドカフェ/マグネットテーブル/ABD(アクティブ・ブック・ダイアログ)など様々な手法を用いて、ファシリテーションを行う。

2:協働を促すコーディネート、支援事業

共通の課題解決のために、様々な組織・団体が協働するための対話の場づくり。ビジョン・ミッションの策定。コレクティブインパクトのサポートを行う。

3:社会起業家、コミュニティビジネス創業支援事業  

システム思考/ToC(セオリーオブチェンジ)/ロジックモデル/SROI/成果思考の事業計画の推進など、社会課題解決のためのプログラム構築のサポートを行う。

 


組織概要


■団体名

特定非営利活動法人 bond place 

■住所

〒400-0048 山梨県甲府市貢川本町7-24-101

■E-mail

info@bondplace.org

 ■代表理事

小笠原 祐司

 沿革

2013年1月1日       代表の小笠原が発起人となり、任意団体として立ち上げる。

2015年8月17日       NPO法人格を取得

 事業内容

1:対話を通した場作り事業

人と人とがつながり学び合う場作りを重点に置いた場の提供事業。

各種交流会やイベント、コミュニティの運営中間支援事業。

2:協働を促すコーディネート、支援事業

研修開発、様々なステークホルダーとの協働を通じて得たノウハウ、アイデアを基にした企業、NPO、行政、地域の中間支援を行う事業。 

3:社会起業家、コミュニティビジネス創業支援事業

■アクセス 

山梨事務所

〒400-0048  山梨県甲府市貢川本町7-24-101 

メンバー


代表理事 小笠原 祐司

特定非営利活動法人bond place 代表理事/デザイナー/ 

 

・立川市子ども未来センター 市民活動支援協議委員(2014)

・山梨市生涯学習推進協議委員 副会長(2015〜2017)

・山梨学院大学 講師(2016〜) 

・中小機構 人材支援アドバイザー(2017〜)

・LEGO® SERIOUS PLAY®メソッドと教材を活用したトレーニング修了認定 

   LSPファシリテーター

・ヒューマンバリュー認定組織変革プロセスファシリテーター

 

山梨県山梨市出身

大学生時代から小学生、障がい児向けのワークショップの企画やファシリテーションを年間50回以上行う。大学院修了後、企業の人財開発•人財戦略に関わるウィルソン•ラーニング ワールドワイド株式会社に入社。人財育成のコンサルタントとして、大手外資系企業、日系企業を中心に、幅広い企業の人財育成の提案、設計に携わる。

退社後、今までの経験を生かして、子ども向けから大人向けのワークショップ、対話の場づくりを活用した、問題・課題解決のアプローチを行う。2016年NPO法人bond place設立、代表理事を就任。年間180回のワークショップ、ファシリテーションを実施。

山梨県と東京の二拠点をベースに、二地域のワークスタイルを実践中。

  

<メディア記載>

▶︎greenz.jp  ▶︎オルタナS ▶︎J-wave

 



副代表理事 丸山 晃一

山梨県山梨市出身

武蔵大学経済学部経営学科卒業

 

外資系保険会社でサラリーマン、インテリア職人、農業を経験し、現在は童謡歌手若林秀和のマネジメント、イベント企画•運営を行う、和歌囃(わかばやし)を経営。多世代で楽しめるコンサートを主催。

 

 



副代表理事 若林 秀和

出身 山梨県山梨市

山梨県立日川高等学校卒業。

 

高校1年の時に難病指定の潰瘍性大腸炎になったのを切っ掛けに声楽を始める。

国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業。声楽コース修了。

洗足こども短期大学幼児教育保育科卒業。

今まで声楽を金森静子、瀬川武、長島剛子、各氏に師事。童謡を土屋朱帆氏に師事。
国立音楽大学山梨県新人演奏会出演。

現在は童謡歌手として演奏活動を精力的に行う。ホールコンサート以外にも保育科での勉強を生かし福祉施設、幼稚園、保育園での現場コンサートも積極的に行う。老人ホームにて毎週音楽会の講師を担当。Npo外部指導、 また合唱の外部講師、童謡を通して人が繋がる事を目的とした『童謡を楽しむ会』を主宰している。

 

〈リンク〉

▶︎Facebook ▶︎童謡歌手 若林秀和 ホームページ ▶︎comebackホームページ



監査 野口 雅美

2005年、コンピュータ会社を退職。
独立後はフリーランスとしてインターネット全般のサポート行っている。
情報発信を得意とする一方、インターネットマーケティングやネット物販にも精通。
あらゆる分野でのWEB活用を提案している。
またインターネットを介した在宅での仕事獲得なども指導している。

 

〈リンク〉 

▶︎コワーキングスペース晴co雨dock ▶︎Jimdocafe山梨 ▶︎野口雅美の100のやりたいこと

 



理事 芦澤 香

1971年生まれ 甲府市在住 

 

商工会事務局を経て、若者や子育て中の母親を対象に「働き」や「くらし」に関する支援活動を行うためにコワーキングスペース(甲府市貢川)を開業。

2010年より、就学援助や奨学金など教育費の相談活動を行う中で「教育格差を埋めることで、貧困の連鎖を断ちきる取組」として無料学習会などの活動に関わり、ゲストスピーカーや執筆などで教育費に悩む母親世代の当事者として現場の声を伝えている。

主な活動:子どもサポートやまなし。就学援助をよくする会。

 

〈リンク〉

▶︎コワーキングスペースaeru FB ▶︎芦澤香の100のやりたいこと

〈メディア掲載〉

▶︎THE LANCER



理事 真鍋 薫子

1979年生まれ。大阪府堺市出身。

東京都立大学法学部法律学科卒業。

慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科 修士課程在学中。

 

2003年東京海上日動システムズ株式会社入社。

2010年より、同社の未来思考で課題を解決する場「フューチャーセンター」を運営するチームに参加したことをきっかけに、自由でフラットな対話を通じて未来をつくることの大切さと可能性に気づき、社内外のステークホルダーを巻き込んだワークショップ設計・ファシリテーションを実施するようになった。

 

2016年9月より特定非営利活動法人CeFIL/DBIC ディレクターとして活動。



理事 井上 晶夫

ワークショップデザイナー/ファシリテーター/エディター/ライター

 

対話をテーマに活動。

人と人が話をすることで相互理解が生まれたり、尊敬から影響を与え合えたりする人間関係に関心がある。

ワークショップデザイナー/ファシリテーターとして、人と人をつなぐ場づくりや物事の伝え方を学ぶワークショップを実践。

 

ライター/エディターとしては、多様なメディアで活動中。

●greenz.jp  ●Forbes JAPAN ●日経BPnet ●FQ JAPAN ほか



理事 瀧澤 歩

1989年生まれ

長野県安曇野市出身

 

自分の軸は「家族」「団欒」ということから2012年より菓子メーカー勤務後、2017年からは家庭での登場シーンが多い日用品の販売会社である花王グループカスタマーマーケティング株式会社に勤務(ビオレ、アタックなどを販売)している。

また学生時代から続けている音楽(ベース・ドラム)について、かっこつけず“小さい頃に友達と蹴り合ったサッカーボールのような感覚で楽しむこと”をモットーに年齢に関係なく音楽を始めたい初心者を巻き込んだライブイベントを6年間連続企画している。

今年の活動の軸として山梨県の勝沼で行う団欒をテーマにした「LOS.FES」を企画中。座右の名は「メガネのくもりは心のくもり」



理事 田邉 献

1989年生まれ 山梨県南アルプス市出身

 

小学校の卒業文集で将来成りたい自分は『信頼される人』

常に理想としているのは『こどもなおとな、おとななこども』 

高校卒業後、教員免許取得するべく浪人し大学へ進学。

大学時代はやりたいことを欲張ってやるスタンスで、しょうがないから陸上部、1ヵ月だけダンス部、4年間続けたバンドサークル、大学時代極め続けたモスバーガー、学生が製作から運営までするお店シェアスペースiira、目的は漠然とドイツ留学、奨学金の募金活動などやりきる。大学卒業後、一般企業に就職後退職。

キーワードは一所懸命、日々充実、人に良い影響を与える、など。

固定概念は常に疑い続け、現在はこどもと関わることをメインにやりたいことをやるスタンスで活動中。

 

〈リンク〉

▶︎Facebook



理事  芦沢 郁哉

1992年生まれ 山梨県甲府市出身

東京学芸大学教育学部G類生涯スポーツ専攻卒業

 

高校までを故郷の山梨で過ごし、大学進学を機に東京へ。

ちょうどそのタイミングで東日本大震災が発生し、社会貢献や地域のために自分が何をできるのか?を考え始めるきっかけとなる。その後、山梨県で学習支援団体の学習会に参加し、貧困問題に取り組んだ。その取り組みを通して、貧困問題は「勉強する機会がない」 という単純な原因だけではなく、様々な課題が複雑に絡み合っていることを実感した。

だからこそ、1つの専門家だけではなく多様な人がつながり、一緒にアクションできるように間をつなぐ人の必要性を感じ、bondplaceの活動に参加。

大切にしたいキーワードは「当たり前は当たり前にやって来ない」

 

〈リンク〉

▶︎Facebook



インターン 栗野 紗也華

新潟県新潟市出身。

法政大学経営学部経営学科卒

 

「創造的なコラボレーション」をテーマにする長岡ゼミに所属。

大学の外で様々な価値観に触れることから学ぶというスタイルの越境を行う。

自らの経験から精神の健康に興味を持ち、だれもが心身共に健康に生きられる社会の実現を目指す。その社会の実現に、考え方の転換や居場所を提供することで近づけるのではと模索している。

 

〈リンク〉 

▶︎Facebook ▶︎Blog



インターン 小椋寛貴

1995年1月20日、東京都墨田区に生み落とされた男。 

山梨学院大学 法学部 政治行政学科 在学中


「市民教育(主権者教育)」をゼミの研究とし、県内の高校で「政治・選挙」についての出前授業を行う傍ら、個人でCO=KYOという団体を立ち上げ、「米ふぇすと(まいふぇすと)」という若者と社会をおむすびで結ぶという活動も行っている。

活動の目的は「未来を明るくする仲間づくり」

夢は「誰もが笑顔になれる地域づくり・まちづくりの展開」

インターンとしては、みらまちの運営を主とし、運営をしながら子どもの主体的な町や社会との関わり方・アプローチを学び、参加する子ども

たちからも、発想力や想像力(創造力)を学んでいる。

その他のイベントのスタッフとしても活動し、代表はじめbondの皆さんから

ファシリ、アイディアのノウハウやヒントを盗んでいる。

子どもからお年寄りまで世代を超えた笑顔を原動力に、

今日もおむすび片手にまちづくりや社会参加の方法を模索する。

 

〈リンク〉

▶︎Facebook  ▶︎CO=KYO(米ふぇすと)HP



インターン 山田 真宙

bond place 京都支部長

趣味 ドライブ テスト作り

京都わかもの会議2016実行委員長

 

代表のワークショップに参加して以来、場を守ること(場づくり)に関心を持つ。

自分が大学生ということもあり、最近では、いわゆる学生ノリで終わらないような言動とは何かを思索中。



インターン 酒井 悠里

法政大学経営学部市場経営学科

長岡ゼミ所属

 

食と居場所に興味関心あり。食を通して人とコミュニケーションをとり、それぞれが自分らしく居られる空間・関係を作れたらと思い活動中。人が好きな人見知り。